衛生管理

 

食品会社にとって一番大切なのは「衛生」です。

2013年3月に現在の社屋が完成しました。それまでの工場は建物が老朽化し、衛生的にも自信を持った商品製造をするためにも社屋を新しくしました。前の工場は一部改装し、現在も第二工場として大切な役割を果たしています。

幾多の時代を変遷し、現在私達日本人の食に対する価値観は「安心・安全・美味しい商品」を求めていると言われています。その時代のニーズに応える為にも品質・技術の向上、衛生管理の徹底は不可欠であり、当社も危害事前除去の観点から以下のことに取り組んでいます。

①社内衛生の徹底:食品衛生コンサルタント(ネクスト・ワン・ラボラトリー株式会社 奥本氏  ※下記にてご紹介しています)と契約し、定期的に衛生教育と衛生チェックを受け、従業員も毎日健康チェックを実施しています(年4回細菌検査実)

②害虫獣駆除の徹底:従業員によるチェック以外にも害虫獣駆除の専門会社に依頼して毎月検査・駆除を依頼しています。

③出荷前検査も、目視及び金属探知機を使用して入念に行います。

このように当社は食の安心・安全の為、日々尽力を怠りません!

 

 

ネクスト・ワン・ラボラトリー株式会社 様

 

 

代表取締役社長 奥本勝祥氏は、大学卒業後13年間食品衛生管理コンサルティング会社で勤務し、大手食品工場や医薬品製造工場、化粧品製造工場などの衛生診断やCVS、SMなど大手フードチェーンから依頼を受けて、取引先の食品工場へ衛生管理の査察をされてきました。その後平成23年2月にネクスト・ワン・ラボラトリー株式会社を設立し、宮崎県、鹿児島県を中心とした食品工場向けの衛生管理・品質管理のコンサルティング会社を立ち上げられ、衛生管理・品質管理のコンサルタント、HACCPやISO、FSSC22000等導入の支援、衛生講習会、防虫防鼠管理業務、衛生管理設備の販売・取付、工場向け特殊清掃の代行業務を実施されています。
 当社へは、新工場の建設段階から、衛生管理を考慮した設計、コンサルたるティングを行って頂いており、現在も工場の衛生診断、従業員衛生教育、製造標準作業書(SOP)、衛生標準作業手順書(SSOP)の作成サポートや検証作業、衛生管理の拠点となるバックデータ取りや大手フードチェーン、CSV、SM等の取引先様の衛生査察対応等をお手伝いしていただいております。